葉酸欠乏による胎児へのリスク

では、仮に葉酸が欠乏してしまうと、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。葉酸の摂取によって正常な細胞分裂が促されると言われているため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになるという研究結果が報告されました。
こうした効果以外にも、ダウン症予防の観点から見ても効果がありますから、より積極的な摂取が求められます。一度目の妊娠の時、流産してしまいました。とても悲しくて、しばらく子供のことは考えられなかったのですが、だいたい一年位たってから、やっぱり子供が欲しいと思い、妊娠を考えて行動するようになりました。
サプリ等で栄養を補給することはもちろん、妊娠に適した体を作るために、冷え性を治そうとまず運動で、体を変えてみようと思いました。その結果、新陳代謝が良くなったためか、低体温が改善し、基礎体温が上がったので冷え性が改善したんです。
妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。

中でも特に胎児の先天的脳障害の発症リスク低減は忘れてはいけません。
こうしたことを踏まえると、妊娠期間中に限らず、妊娠の計画を立てている女性は、葉酸を十分に摂ることがおススメです。ですが、実際どれだけの葉酸を摂取しているのか、食事から計算するのは難しいと思います。

カテゴリー: 日記 パーマリンク